薬剤部

薬剤部

私たち病院薬剤師は、医師・看護師などとともにチーム医療の一員として、
「安全安心の薬物治療の継続」「ロービジョン患者への服薬支援」「臨床研究の推進」を目標に、
薬剤師全員が力を合わせて薬物治療の提供に努めています。

スタッフ紹介

  • 薬剤師 5名※
  • 薬剤事務 1名

※うち1名(薬剤長)は神戸市立医療センター中央市民病院薬剤部部長代行兼務

業務内容

1.調剤業務

入院および外来ともに電子カルテシステムが導入され、システムと連携した調剤システムが稼働し、安全かつ効率化を図っています。薬剤師は用法・用量・相互作用・処方日数などをチェックし、疑問が生じた場合は直接医師に相談しています。

2.薬剤管理指導業務/病棟薬剤業務

病棟に薬剤師が常駐し、医師、看護師などと相談しながら、薬学的視点、患者さんの視点から、有効かつ安全な薬物治療を支援しています。また、副作用回避のための処方提案、患者さんのアドヒアランス※の向上、自己管理への支援など、安全で効率的な薬物治療のために活動しています。
入院時には、持参されている薬を確認し、今後の治療に影響を与える可能性のある薬を服用している場合には、医師と情報共有し、処方を変更することもあります。

※アドヒアランス:病気に対する治療方法について、患者が十分に理解し、服用方法や薬の種類に十分に納得した上で実施、継続すること

3.医薬品情報業務

薬を適正かつ安全に使用するためには、医薬品情報が重要になります。様々な医薬品情報を入手し、評価、整理した上で院内に定期的に情報提供します。緊急安全性情報、安全性速報等の重要な情報については、電子カルテやメール等で院内スタッフに速やかに提供しています。
また、院内で発生した副作用に関しては、医薬品情報管理室で管理し、医師や病棟薬剤師と連携した後、医薬品医療機器総合機構(PMDA)への報告を行っています。
その他に、医療スタッフからの質問への対応、薬事委員会事務局業務、医薬品集作成等の業務も行っています。

4.外来業務

外来診察の場合、基本的には院外処方箋を発行し、かかりつけ薬局で薬をもらっていただきます。一部、日帰り手術や硝子体注射の場合など、院内で薬をお渡ししています。
また、入院・手術予定の患者さんについては、必要に応じて、入院前に常用薬を確認します。もし、手術に影響を与える薬を服用している場合には、医師と情報共有し、手術前に休薬していただく場合があります。

5.院内製剤

院内特殊製剤は特定の患者さんに、治療上不可欠な製剤であっても採算が取れず市販されていないものを、医師の要望により病院内で審査したのち調製しております。主には、市販化されていない点眼薬等の調製になりますが、手術時に使用する医薬品などの分注なども、クリーンベンチを使用し、無菌的に調製しています。

6.医薬品在庫管理

医薬品の購入、保管、各部署への供給等をコンピューター管理で効率的に行っています。病棟、外来の医薬品等は薬剤師が定期的にチェックを行い、適切な数量・期限などの薬品管理を行っています。

7.治験・臨床研究支援

研究センター治験臨床研究支援管理室に薬剤師を配置し、院内で行われる治験や臨床研究の管理を行っています。

8.論文、学会発表、講演会など

2018年度
[学会発表]
○柴谷直樹*1、藤田和美*1、田中郁壮*1、別府あかね*3、室井延之*1*2、栗本康夫*4、橋田 亨*2
*1神戸市立神戸アイセンター病院薬剤部
*2神戸市立医療センター中央市民病院薬剤部
*3公益社団法人NEXT VISION
*4神戸市立神戸アイセンター病院診療部
ロービジョン患者に対するアドヒアランス向上のための服薬支援
第28回日本医療薬学会年会、神戸、2018年11月23~25日

○田中郁壮*1、柴谷直樹*1、藤田和美*1、吉水 聡*3、室井延之*1*2、栗本康夫*3、橋田 亨*2
*1神戸市立神戸アイセンター病院薬剤部
*2神戸市立医療センター中央市民病院薬剤部
*3神戸市立神戸アイセンター病院診療部
原発閉塞隅角病(PACD)患者における緑内障禁忌薬の処方状況と代替薬の推考
第40回日本病院薬剤師会近畿学術大会、奈良、2019年1月19~20日

[講演会]
○柴谷直樹*1
*1神戸市立神戸アイセンター病院薬剤部
ロービジョン患者に対するアドヒアランス向上のための服薬支援と新たな業務展開
第6回ポートアイランド医看薬薬連携の会、神戸、2018年9月19日