お知らせ

移植用細胞の調製を自動化する細胞培養加工施設の開発報告

患者さんへ

この度、共同研究グループ(理化学研究所、株式会社VC Cell Therapy、ダイダン株式会社、ロボティック・バイオロジー・インスティテュート株式会社、当院)は、高精度な生命科学実験動作が可能な汎用ヒト型ロボットLabDroid「まほろ」と、コンパクトなクリーンルームユニットAll-in-One CP Unitを組み合わせたシステムを設計し、臨床研究に必要なレベルの清浄度での細胞調製の自動化が可能であることを実証し、 この研究成果は、科学雑誌『SLAS Technology』オンライン版(10月29日付)に掲載されました。
この研究成果を受けて、理化学研究所からプレスリリースが行われました。詳細に関しては、以下のURLをご参照ください。